前田デザイン室はじめての雑誌マエボン

GOOD DESIGN賞申請中!

マエボンとは?

『マエボン』は「童心を取り戻せ」をテーマに、オンラインサロン前田デザイン室のメンバーが全力でふざけて制作した雑誌です。
クラウドファンディングでの予約販売とイベントでの販売を経て、現在は東京・名古屋・大阪の有名書店でのみご購入いただけます。

みどころを紹介するよ

みどころ 1 Interview

「童心を取り戻せ!」をテーマにした
第一線の経営者・クリエイターへのインタビュー!

「人生をゲーム化せよ」

佐渡島 庸平 @sadycork

さどしま・ようへい/ 編集者・株式会社コルク 代表取締役。東京大学文芸部を卒業後、株式会社講談社に入社。週刊モーニング編集部を経て、2012 年に独立し、作家エージェント会社「コルク」を設立。現在、小山宙哉『宇宙兄弟』などの編集を担当。

「いいものができたなって、確信する瞬間なんてない。むしろ、ずっと恐怖。」

藤井 亮 @ryofujii2000

ふじい・りょう / 映像ディレクター・アートディレクター。武蔵野美術大学を卒業後、株式会社電通関西支社を経て、2019 年独立。ギャラクシー賞優秀賞 カンヌライオンズ・銀賞・ヤングクリエティブ日本代表など国内外の受賞そこそこ。

みどころ 2 Fashion

ファッションにも「童心」!?


みどころ 3 Project

謎のアートプロジェクトも・・・


みどころ 4 Project

ドット絵のタロットカード!?
ぜんぶ「うんち」の缶バッジ!?
クリエイター集団「前田デザイン室」の
プロダクト大解剖!!


さらに特典も!

お取扱い店

マエボンは現在は東京・名古屋・大阪の
有名書店でのみご購入いただけます。

【東京】
・青山ブックセンター本店さま
・銀座蔦屋書店さま
・代官山蔦屋書店さま
・BOOK LAB TOKYO さま
【大阪】
・紀伊國屋書店 梅田本店さま
・梅田蔦屋書店さま
・TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE さま
(・ひみつのBar)
【名古屋】
・ジュンク堂書店 ロフト名古屋店さま
【個人書店】
・こっとん書店 @cotton___3
・札幌こうみ書店 @yoshitakana1

マエボンのSTORY

1前田デザイン室の雑誌を作ろう!

はじまりは代表前田の一言だった──。
オンラインサロンの文化祭「CAMPFIRE COMMUNITY FESTIVAL2018」の出しものとして企画したのがのちの『マエボン』となる。この時点では、前田デザイン室がイベントに出れるかどうするか決まっておらず。それでも可能性にかけた。

2雑誌制作未経験者9割

雑誌の制作経験があるものは皆無に等しかった。編集長すら未経験者。オンラインサロンは会社じゃない。みんな仕事や学校に行きながら、前田デザイン室に会費を払いながらデザインしている。時間もノウハウもないなか、マエボン制作メンバーは平成最後の夏休みすべてを雑誌制作に費した。

3有名書店に次々と置いてもらえる奇跡

『マエボン』はイベントのために作った雑誌。イベントとクラウドファンディングで売って、あとはインターネットで販売しようか。そんな風に考えていた矢先、青山ブックセンター本店が『マエボン』を置いてくれるという知らせが入り、制作チームに激震が走る。これを皮切りに銀座蔦屋書店、代官山 蔦屋書店、ジュンク堂書店ロフト店、スタンダードブックストア心斎橋、紀伊国屋書店梅田本店…有名書店で取り扱ってもらえるという奇跡が起きる。マエボンムーブメントはまだまだはじまったばかり。

「マエボン」動画まとめ

『マエボン』のプロモーション動画をまとめました。制作は全て前田デザイン室のクリエイターによるものです。ぜひご覧ください。

【1 本目のアニメーション動画】
ストーリー、動画編集/よこやままさあき @Pankish21
イラスト/かもゆうこ @yu_imu
BGM /安村シン @shinworks_net

【佐渡島さんのインタビュー動画】
動画編集/ Yusuke Sato @yakisoba5524

【浜田インタビュー動画】
動画編集/ばっし~ @sn_kazu515
撮影/ yuya @yeahmanpip
バナー/ akane @acorn10103460

【プロモーション動画】
動画編集/ばっし~ @sn_kazu515

【前田さんインタビュー動画2】
動画編集/ばっし~ @sn_kazu515
撮影/ yuya @yeahmanpip
撮影/すぎもとけいこ(けーらん) @Ke_lan3
バナー/ツチダマミ @MamiTsuchida

グッドデザイン賞への道

マエボンは、2019 年のグッドデザイン賞に挑戦しています。

マエボンは出版社でもない会社でもないオンラインサロンが、年齢、住まい、経験、スキルの差をメンバーで支え合いながら乗り越え、制作期間2 ヶ月かつオンラインメインのやりとりで制作した雑誌です。この取り組みが新しいので、グッドデザイン賞に挑戦しています。